×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

医療費控除の人間ドックとは

医療費控除の人間ドックのほか健康診断などの費用については、治療を前提とした費用ではないので、医療費控除の対象とはなりません。ただし、人間ドックや健康診断、エイズ検査などの検査を行った結果、重大な疾病が発見され、かつ、当該診断に引き続きその疾病の治療をした場合には、その人間ドックや健康診断などの費用も医療費控除の対象となります。また医療費の自己負担額が年間で10万円、または合計所得金額の5%を超えていることが条件です。これを超えた分の金額だけ所得から差し引けます。ただし、1年間の医療費控除が200万円を超えた場合は、200万円しか控除されません。医療費控除は一般的には、所得税率の高い人が支払った方がお得のようですね。毎年のことながら確定申告期を迎えてあわてないように、日頃から治療費、薬代、通院交通費などを整理しておくと大変便利です。医療費控除のさい、領収書やレシートは大切に保管しておくと便利です。くれぐれも通院交通費の記入を忘れないように申告することが節税につながるようですよ。

千葉の人間ドックについて

千葉の人間ドックへ行って体のケアしませんか?人間ドックで体の隅々までチェックしましょう 。人間ドックとは、中高年になると行われる健診のことで、病気の早期発見、早期治療と、健康維持、病気予防を目的としている精密な健康診断です。千葉 人間ドック脳ドック、動脈硬化ドック、肺がんドックなどもあり、期間も日帰りや短期入院などがあります。生活習慣病や成人病の発見や予防に役立っています。病院によって、人間ドックの検査項目には違いがありますが、主な臓器の代表的な病気、命に関わる病気の発見が中心となります。人間ドックの費用は、健診機関や地域によって大きな違いがあります。自治体の補助や会社の一部負担でも変わります。人間ドックは、全身を精密検査し、病気の因子の早期発見を行う総合健康診断です。定期的に医師の診断を受け、健康を見直すことが大切です。

大阪の人間ドックとは

大阪の人間ドックは有名ですが、現在、日本人の死因の7割近くががん、心臓病、脳血管疾患の3大生活習慣病で占められ、さらに、40代以上の成人の約1割が糖尿病予備軍であるとも言われています。これらの疾患の多くは初期には特有の症状がないために、健康診断や人間ドックを受診しない限り発見できないことも少なくありません。また、大阪人間ドックは女性でしたら、乳ガン検診など、早期に発見するほど、回復などが見込める病気も多々あります。是非とも、人間ドックをご利用されるようおすすめします。大阪人間ドックはPET検査実績、年間5000件の経験豊かな検診のスペシャリストが診断します。大阪人間ドックは電話で予約が出来、検査日の1週間ほど前に郵送されます。検査4時間以上の絶食でお越し下さい。PET以外の検査は先に済ませます。大阪人間ドックはFDG の静脈注射を受け、45分〜1時間程度安静にします。その後、横に成って約30分撮像するようです。

Copyright © 2008 医療費控除と人間ドックに悩んでしまったら